Googleアドセンス審査 Googleアドセンス広告 常識ハインリッヒの法則 | オラ45屋

今更聞けない常識ハインリッヒの法則とは!?

ヒヤリハットした場面調べもの

皆さんは「ハインリッヒ(ヒヤリハット)の法則」をご存知でしょうか?聞いたことは、あるけれど何となくしか覚えていないと言う方や、はじめて聞いた方には是非覚えておいて、ほしい法則です。またこの法則には逆の使われ方も存在し、どちらも覚えてて損がない法則なので日ごろの日常に役立て下さい。

逆ヒヤリハットの法則とは?

スポンサーリンク

ハインリッヒの法則とは!?

米国の保険会社で技術・調査部の副部長をしていたハーバート・ウィリアム・ハインリッヒが1929年の論文で主張した労働災害に於ける統計である。ハインリッヒは5,000件以上に及ぶ労働災害を調べ、1件の重大事故の背景には、29件の軽微な「事故・災害」が起きており、さらに事故には至らなかったものの、一歩間違えば大惨事になっていた「ヒヤリ・ハット」する事例が300件潜んでいるという法則性を示したものである。つまり重大事故は軽微な事故を防いでいれば起きない。さらに軽微な事故はヒヤリとするハットするような異常を防いでいれば起きないというもの。
最近では労働災害の分野だけではなく、企業のクレーム対応や情報セキュリティー対策などでも幅広く浸透しており、広く活用できる経験則となっています。

日本では、『ヒヤリハットの法則』や『1:29:300の法則』とも呼ばれる

重大な事故を起こさないためには

上記でも述べたように1つの重大事故の前に29の軽微な事故があり、その背景には300のヒヤリハットが存在する。つまり重大事故は、ヒヤリハットを防止することで1つの重大事故を防止することができると考えられ厚生労働省ではヒヤリハット事例、工場や医療といった現場では日々ヒヤリ・ハットの事例を蓄積、共有して事故の防止に努めています。

厚生労働省職場のあんぜんサイト

まとめ

この法則は使用したデータ収集と分析方法に裏付けが取れないことから、比率の信憑性が問われた論文のようですが、正確な比率はさておき、重要なのは重大な事故は、いくつもの要因(軽微な事故・ヒヤリ・ハッㇳ)から起こるもので、いくつもの要因となる点と点が繋がって線になったことで重大な事故を引き起こすことになると言うことです。そう考えると大きな事故だけではなく、大きな失敗なども当てはまると思います。皆さんは交通事故や大きな失敗どの経験はありませんか?その際、反省して振り返った時に『あの時、なんでそうしなかったんだろう』『あそこで、あーしていれば』『そうしようかと思ったんだよなぁ』など、結果(大事故・大失敗)の手前を悔やんだ経験はないでしょうか?この法則は結果(大事故・大失敗)の発生を予測(『・・・』)されたヒヤリハットの段階で対処する回避方法としての活用ができるので、常日頃から小さい要因を予測し未然に防いでいただけたら、このブログを作った甲斐があります。

内部リンク⇒ベーシックインカム導入(賛成・反対)

内部リンク⇒しみ、そばかす 紫外線を防ぐ5つの対策とは?効果的な栄養素とは?

調べもの
スポンサーリンク
シェアする
オラ45をフォローする
 管理人
オラ45

『オラ45屋』の45は45歳と言う意味ではありません。
このサイトで紹介したYouTuberが人気者になったら、みんなに自慢してやることを夢見て頑張ってます!

オラ45をフォローする
オラ45屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました